中学受験・高校受験を応援!東京都足立区で学習塾・個別指導塾をお探しなら、高桐アカデミーにお任せください!!
   こ う と う       

 高桐アカデミー本部校


03-5242-6841
電話でのお問い合わせは午後3時から
9時までにお願いします。
 
トップページ 中学受験 読書くらぶ 小学生 中学生 高校生お問い合わせ
 

  高校生

高校生になると勉強が急に難しくなったと感じる人が増えています。2年生になっても、まだ勉強の仕方が分からない、学校の授業についていけない、授業の内容が理解できない。という方はいませんか?

中学生のときはまじめに授業を聞いて、ノートをとっておけばあとは定期テスト前に少し真剣に勉強するだけで80点以上が取れていたのではないでしょうか。 しかし、高校では中学までのこんなやり方では学校での授業についていくことさえ難しくなるのです。

その理由は大きく分けて3つあります。
まず1つめは高校は義務教育ではないということ。当たり前ですね。しかし90%以上の人が高校に進学する現状では高校生になることは社会的に常識になっています。 でも必ず行かなくてはならない義務教育とは違うのですから、学習内容は中学までとは違って難しくなるわけです。
2つめは高校生になると周りの同級生たちと自分との間に学力レベルの差がなくなっていることです。 高校生になるためには推薦入試であれ、学力テストであれ何らかの形で選抜され、合格した学生が集まっています。 中学校で1番だった生徒が進学する高校には、ほかの中学で1番だった人たちがたくさんいるということです。中学校でオール4をとっていた生徒が進む高校では、周りのみんなも中学校ではオール4だったのです。 中学校で優秀だった生徒も高校では普通の生徒になるわけです。 このため、高校では、学習進度は速くなるし、内容も難しくなるのです。
3つめの理由は授業の進め方です。中学では落ちこぼれる生徒を出来るだけ出さないことが大切でした。ですから説明はゆっくり丁寧にしてくれます、授業中に先生の話を聞いていれば内容を理解することが出来たのです。 しかし、高校では特に進学校といわれる学校では授業の目標が違います。授業はできる生徒の学力を伸ばすために行うのです。このため予習をしてこなければ内容の濃い授業についていくことはできなくなるのです。 ですから高校生にとっての勉強で一番大切なのは授業の予習をすることなのです。予習をしないで授業に臨んでも内容をすべて理解することは難しいのです。

では予習の大切さが分かったとして、どうやって予習すればいいかです。英語なら知らない単語を調べておいたり、英文を日本語に訳しておくのも良い方法です。数学はどうでしょうか? 得意な生徒に参考書等を読むだけである程度理解できるかもしれません。しかし、ほとんどの生徒にとってはどうやって予習すればいいかが分からないのが現実でしょう。 そこで高桐アカデミーではそんな高校生のために「アネックスコース」を開設いたしました。このコースで学習することで、高校での授業が良く分かるようになり、成績も向上します。

実際にこのコースで1年間学習してきた生徒さんにお話しを聞いていますので、ご覧ください。



Copyright © 2008 高桐アカデミー本部校 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座